2011年06月19日

英語で貼り付け嘘を論破(南京A)

南京大虐殺 南京安全避難区の外国人


The Japanese killed many Chinese people? I don’t think so. John Rabe sent a letter of appreciation to the commander of Japanese army on Dec. 14 1937. This is the letter.
「Dear Sirs. We express our appreciation to your artillery’s praiseworthy act of having not attacked the safety zone and for becoming able to communicate with you (commander Matsui) about the future plan for supporting Chinese citizens in the same area. 」 (Stenography No.210).


日本軍が大勢の中国人を殺したと言われているが私はそうは思わない。ジョンラーベは次のような手紙を、1937年12月14日に日本軍司令官に渡しているのだ。
「親愛なる閣下、我々の安全避難区を攻撃しないでくれたことに深く感謝する。これから南京市での中国人達へのサポートをどのように展開していくか、松井司令官と共に考えていきたい。」



■(Part1)Before the battle of Nanking, the commander General Iwane Matsui ordered the Japanese army to be very careful not to kill any civilians. During the battle, every civilian took refuge in the Nanking Safety Zone. Japanese army did not attack it, and there were no civilian victims, except for several who were accidentally killed or injured by stray shells. John Rabe, later handed a letter of thanks for this to the commander of the Japanese army.


南京戦が始まる前、日本軍司令官である松井岩根は南京市民を殺さないように徹底していた。あの戦闘中、全南京市民は避難区に集結し、日本軍はそこを攻撃しなかったので、間違って死傷者を出す以外の被害者はいなかった。ジョンラーベは後に松井にこのような手紙を送っている。




(Part2)December 14, 1937 Dear commander of the Japanese army in Nanking, We appreciate that the artillerymen of your army did not attack the Safety Zone. We hope to contact you to make a plan to protect the general Chinese citizens who are staying in the Safety Zone….We will be pleased to cooperate with you in any way to protect the general citizens in this city.
--Chairman of the Nanking International Committee, John H. D. Rabe--"




(Part3)If the Japanese military wanted to massacre every Nanking citizen, it would have been very easily done if they only bombarded the Nanking Safety Zone. The Japanese military did not attack it, but rather protected all the people of the Zone. In the mind of General Matsui, the purpose of the war was not to take the land, but to save Chinese civilians from the Chinese civil war, killing among the Chinese themselves.


もし日本軍が南京市民を大量虐殺したくてたまらないのなら、この南京避難区に爆撃をすればすむことであった。しかし日本軍はこれを攻撃せず、市民を守ったのである。日本軍司令官松井はこう考えていた。戦争の目的はその土地を占領することではなく、中国人兵士自らによる殺戮行為から、中国人民達を守ることであったと。



(Part4)Japan wanted to establish in China a strong Chinese government not of communists, not of Western powers, but of the Chinese people who were willing to build in cooperation with Japan the great Asia not invaded by communists or exploited by Westerners.


日本は中国に西洋列強や共産勢力に、食い物にされ支配されない独自の強い中国政府を、中国人民と共にこのアジアに作りたいと思っていたのである。





■(Part1)There was the International Committee for Nanking Safety Zone. This committee consisted of 22 Westerners. This committee wrote reports regarding the security situation of Nanking city 61 times from Dec.13, 1937 to Feb.9, 1938 and sent the same reports to Japanese Embassy, Embassy of the United States, British Embassy and Germany Embassy. According to these 61 reports, they reported murder: 41, mayhem: 44, rape: 361, taking: 390, plunder and others: 170 for 2 months.


(Part2)However, all of these reports were “hearsay”. In other words, nobody of this committee witnessed them actually. The International Military Tribunal for the Far East (Tokyo Trial: 1946-1948) summoned 4 members of this committee included Magee, Ashmore Fitch, Bates and Wilson. They testified they did not witness any murder and heard from someone. This trial proved nobody witnessed murders actually and they wrote reports on the basis of”Hearsay”.


南京市には安全避難区がもうけられており、そこには22名の外国人がいた。この避難区は1937年12月13日から1938年2月9日までの間に南京市内でおきた犯罪について61回の報告書を提出している。そのリポートは日本大使館、アメリカ、イギリス及びドイツ大使館にも送られており、そのリポートの内容はこの2ヶ月で、殺人41件、騒乱44件、レイプ361件、違法収用390件、強盗その他170件となっている。しかしこれらの報告はすべて噂話を書いたものであった。いわばこれらのすべてに対して誰も目撃者がいないのだ。1946年から1948年に開かれた東京裁判では、マギー、アッシュモアフィッチ、ベイツそしてウィルソンの4人が召還されているが、彼ら全員がこれらの事件はすべて自分たちが目撃したものではないことを証言した。この裁判において、これらの犯罪が実際に誰も目撃もなくすべて風聞であることが証明されている。




■(Part1)John Rabe was a member of international Safety Zone Committee in Nanking. Many Chinese people said he was a witness of the Nanking Massacre with confidence. However, he had never witnessed even one case of murder. In spite of that, he sent many reports to Hitler and wrote the stories to his diary. In fact, his diary and reports to Germany were written different number of victims. Why?


(Part2)For Fear of counter objections, he reported to the Japanese authorities in Nanking city the number of casualties to be 49 based on some extent of reliable information. But on the other hand, to journalists, German diplomats and A. Hitler who were all absent in Nanking, he reported figures with an enormous difference, as if no less than tens of thousands civilians had been killed by Japanese troops. Why did Rabe make a false report of the massacre to Hitler?


(Part3)According to German historian Gerhard Krebs, the reason was based on power politics in his German homeland. “Defeated and depressed in World War I, Germany knew that china was a significant trade partner. Particularly Chiang Kai-shek, who was fighting against the CCP, needed a large number of weapons, while Germany was able to import raw materials that were indispensable for the postwar reconstruction.” The Sino-Japanese War forced Germany to reconsider its foreign policy toward China.


(Part4)The Japanese government repeatedly demanded that Germany stop the export of weapons to Japan's enemy Chiang Kai-shek. As the result, Hitler decided to take advantage of containment against the Soviet Union by promoting strong relationship with Japan. Germany refrained from exporting weapons to the Chiang Kai-shek. (In fact, it was in l940 when Germany reached an agreement with Japan.)There were someone strongly resisted the change of policy taken by Hitler.


(Part5)They were Von Falkenhausen, the head of the military advisory group in China, and Rabe, who represented an interest of Siemens in the Chinese munitions industry as a pro-Chinese group. Rabe exaggerated the Japanese Army’s atrocities and requested Hitler to reconsider the alliance with Japan. Rabe's anti-Japanese reports had been thought suspicious since then.


(Part6)Moreover, P. Scharfienberg, the secretary general of the German Embassy to China, who returned to Nanking city on January 9, tried to investigate the fact about 'Japanese Army's atrocities Rabe reported' by himself, and wrote to the German Embassy at Hankow on February 10: “He [Rabe] is still actively trying to counter the bloody excesses of Japanese looters, which have unfortunately increased of late.


(Part7)To my mind, this should not concern us Germans, particularly since one can clearly see that the Chinese, once left to depend solely on the Japanese, immediately fraternize. And as for all these excesses, one hears only one side of it, after all.”
That report is called untrustworthy story after people defined the fact.


ジョンラーベと言えば、南京市に安全避難区を作ったメンバーだ。多くの中国人が彼こそが南京大虐殺の目撃者であると自信を持って反論してくる。しかしながら彼はたった一度さえも大虐殺というシーンを見てはいない。にもかかわらず、ジョンの祖国であるドイツのヒットラーに数多くのレポートを送り、日記にもそう残している。しかし事実、彼の日記の数字そしてドイツに送ったその数字には大きな隔たりがあるのである。何故だろうか?
反論されるのを恐れてか、ジョンは日本宛の手紙にはその被害者を49名と書き、その反面、ドイツのジャーナリストとヒトラーに宛てた手紙には数万人もが日本人に殺されたと書いてありその違いはあまりにも大きすぎる。何故このような間違った手紙をヒットラーに送ったのだろうか?

ドイツ人歴史家Gerhard Krebsによると、その理由は彼の本国であるドイツの、政治的権力が裏にあったと説明している。第1次世界大戦による財政困難と疲労にあえいでいたドイツにとって、中国は最高の貿易パートナーであったのだ。蒋介石は中国共産党との戦闘で、大量の兵器をドイツから購入している。そんな状態から一変したこの支那事変は、ドイツ本国の政策転換を迫られていたのである。日本政府は繰り返しドイツに対して、中国に武器を輸出しないよう求めていた。蒋介石軍が日本の戦争相手だったからだ。悩んだ末にヒトラー政権は、中国における巨大な軍需産業の利益よりも、安全保障上ソ連を牽制する必要から日本との関係強化を選び、中国の蒋介石政権への武器輸出を控えた。(事実、1940年にはドイツと日本は同盟を結んだ。)それにひとり強力に反対する人物がジョンラーベだった。

駐華軍事顧問団団長ファルケンハウゼンや、親中派の軍需産業ジーメンスの利益代表であるラーベらは激しく本国の動きに反発した。したがってラーベは大げさに日本軍の蛮行を宣伝し、ヒットラーに本国ドイツと日本との関係を考え直して欲しいあまりに、そのような反日的なレポートを書いていたと、ドイツ人歴史家Gerhard Krebsは言う。

また、在中国ドイツ大使館の秘書官で、ジョンラーベのレポート内容を南京市まで確認して戻ったP.Scharfienbergは、1938年1月9日にこう述べている。「2月10日漢江ドイツ大使館より。ラーベは確かに日本軍の血なまぐさい窃盗事件などに割り込み帆走しているようだ。俺に言わせてみれば、そんなことは我が国ドイツに関係のないことだ。だが第一、暴行事件といっても、すべて中国人から一方的に話を開いているだけではないか。


■(Part1)It was clearly proved by their testimonies at the IMTFE that no committee members had witnessed 'illegal murders by Japanese soldiers at all. O. Wilson, who made many testimonies as to atrocities, did admit that all of his testimonies were hearsay. Magee, who lived with Bates and worked for the Safety Zone Committee, testified that he had just eye-witnessed only one case.


(Part2)As a matter of fact, neither Rabe nor other westerners of the Safety Zone Committee members, who might have been able to walk around freely in the city with Nazi Swastika armband on, had ever witnessed illegal murders by Japanese soldiers during six weeks.


東京裁判における彼等の証言によると、安全区委員会のメンバーは、日本兵による非合法殺人など全く目撃していないことがわかる。東京裁判でウィルソン医師は、多くの残虐事件を証言したが、後にこれらの証言はすべて伝聞であったことを認めている。またベイツと一緒に住み、同じ安全区委員会の仕事をしたマギーも「実際に目撃したのは(前述した)一件に過ぎない」と証言した。
つまり、ラーベを初めとするナチスの腕章をつければ自由に動き回れたはずの、安全区委員会メンバーである外国人達でさえ、約6週間の間に日本軍兵士が実際に非合法殺人を行った現場を目撃していないのである。




■(Part1)According to Rabe's diary, at that time those Chinese in the Safety Zone, were limited to persons who could communicate with Rabe in the Safety Zone. Only those who could speak in either English or German were the Chinese staff that helped work in the Safety Zone Committee and Chinese officers, Colonel Lung and Chow. Rabe was recording about Chinese officers in his diary as follows:


(Part2)"Shortly before eight o'clock Colonels Lung and Chow arrive (Ling has marched off by now) and ask if they can take shelter in my house. I agree. Before Han and I left for home, these two gentlemen deposited 30,000 dollars in the committee's safe." (The Good Man of Nanking, p.64.)Is this a illegal act or not?


ジョンラーベの日記によると、あの南京市に設立された安全避難区に中国人がいたそうだ。ジョンにしてみれば英語もしくはドイツ語がしゃべれる中国人であり、事もあろうに南京避難区内で策略を図る中国軍人であった。彼らの名前はラン大佐とチョウ大佐というそうだ。ジョンの日記にはこう書かれている。
8時を過ぎた頃、ランとチョウ大佐はやってきて、私たちの家のシェルターを使わせてくれといた。私が同意した。私とハンが家を出る前、この二人は3万ドル(日本円にして約300万)を避難区に預けていった。(The Good Man of Nanking, 64ページ)さてこれは違法行為なのでは?

1937年12月14日 親愛なる日本軍司令官へ 避難区を攻撃しないでくれたことを深く感謝する。今後のこの避難区にいる中国人達をどのように守っていこうか、是非貴殿とお会いしお話をしたいと思っている。私たちはこの人々を守るために、あなたと協力できる事を本当に嬉しく思う。南京安全避難区ジョンラーベ

南京大虐殺 海外の反応

In the U.K., the Nanking battle became public criticism, too. Referring it, Sir Charles Addis mentioned on Nov 10, 1938, as follows: Between two countries at war there was always a danger that one or other of the combatants would seek to turn public opinion in his favors by resort to a propaganda in which incidents, inseparable alas - from all hostilities, were magnified and distorted for the express purpose of inflaming prejudice and passion and obscuring the real issues of the conflict.


またイギリスでも南京事件は問題になったが、1938年年11月10日、チャールス・アディス卿は同事件について次のように述べている。「戦争を交えている二国間においては、その戦闘員のいずれかが宣伝に訴えることによって、世論を自己に有利に仕向けようとする危険がかならず存在している。その宣伝において種々の事件─悲しいかなこれはすべての戦争から分離することはできない─は偏見と感情を激昂させ、戦いの真の係争点を曖昧にしてしまう特別の目的のために拡大され、曲解されるのである。」

南京大虐殺 人口



■(Part1)Chinese government has claimed Japanese soldiers killed 300,000 Chinese civilians while the Japanese were staying in Nanking city in China. After the Japanese occupation, did the population of Nanking decrease by more than 300,000? Let’s look at many historical records. On Dec 8,1937, Tang Sheng-zhi, who was Chinese commander, warned that all the noncombatants should assemble in the Safety Zone, and the citizens rushed into the Safety Zone for the safety.


(Part2)As the result, there were no people within the castle except in the Safety Zone. John Rabe, the Safety Zone Committee (TSZC) member, wrote in his diary in Dec 10, when the Nanking battle began, the Nanking population was 200,000. TSZC described in the Document No.9 dated in Dec 17, "On the 13th when the Japanese entered the city, we had nearly all the civilian population in the Safety Zone, so the number 200,000 is no doubt.


(Part3) For TSZC, it was absolutely necessary to know the accurate number of people in order to distribute food to those refugees. After the Japanese victory and occupation took place, TSZC in its document dated on December 17, and in subsequent documents, consistently recognized this number. Afterwards how did the population of Nanking change? TSZC documents read that in January 1938 the population was 250,000.


(Part4)Lewis S. C. Smythe, professor of Nanking University investigated the population with the help of many Chinese staffs on February 1938. He wrote a report which shows the population of Nanking was 250,000 or 270,000 as of the end of March 1938. The Nanking City Administrative Office of the Nanking Restoration Government, which was established on March 28, 1938, registered 277,000 inhabitants. Japanese soldiers killed 300,000 Chinese people in Nanking city?


中国政府は日本軍が南京市で30万人殺されたと騒いでいる。日本軍の占領後南京の人口は30万人も減少したのであろうか?歴史資料を見てみよう。1937年の12月8日、中国側の司令官Tang Sheng-zhiは南京市の非戦闘員全員を安全避難区へ誘導している。その結果、南京城内には安全避難区以外には人っ子一人いない状態だった。安全避難区委員会のジョンラーベは、南京戦に突入する前である12月10日の日記に、南京の人口は20万人であると書いている。安全避難区委員会は12月17日のドキュメントナンバー9に、こう記している。日本軍が南京市に入城するときには、ほぼ全員の民間人らは安全区に避難していた、と書いているからこの人口数は正しいと判断できる。
安全避難区から見れば、避難区に集まった人々に与える食料配分をまかなうため、正確な人数を知る必要があった。そして日本軍が勝利し南京を占領した12月17日の時点でも、この安全避難区委員会はこの人数を再度確認している。ではその後どう人口は変わっていったのか?安全避難区委員会の出した1938年1月の資料には、人口25万と記載されている。
南京大学の教授でもあったスマイスは数人の中国人と共に、1938年2月人口を調べている。それには25万から27万となっている。1938年3月28日に設立された、南京暫定政府機関の調べでは、南京市の人口は27万7千人と増えている。日本軍が30万人殺したっていうのは本当なのか?




南京大虐殺 死体の数



■(Part1) The so-called 'Nanking Massacre' is the case wherein 300,000 people of Nanking city and the captives have been alleged to have been murdered during the six weeks occupation period under the Japanese Army, from December 13 immediately after the fall of Nanking through the beginning of February of 1938. Where 300,000 of dead bodies were? Let's look at the statistics.


(Part2)The Chinese postwar investigation, which has claims Japanese killed 300,000 people in Nanking Massacre, has presented the following two groups of evidences to prove the victims of more than 300,000:
1 Burial records of 150,000 corpses by the Advance Benevolence Society and the Red Swastika Society.
2 Chinese testimonies of the eleven cases to verify the murder of 190,000 people.
In here, let’s look at the number 1 which shows 150,000 corpses.


(Part3)All the activities that the Advance Benevolence Society was involved were provision of clothes, relief of widows, and nurture. Burial was not included. According to Nanking compiled by ICHIKI Yoshimichi (published by Japan Business and Industry Institution, Nanking Office, 1941), the Advance Benevolence Society suspended its activities from December 1937 to August 1938. There existed no proof showing that the Advance Benevolence Society was written in 1946, nine years after the incident.


(Part4)Why has the Chinese presented the Advance Benevolence Society for evidence? No matter what, they wanted the massacre was occurred by the Japanese, so they presented the wrong evidence? What did the Red Swastika Society report? To the Tokyo Trial, a record was submitted that the company buried 42,000 corpses, but the accuracy of its record could be doubtful. A Japanese man whose name was Maruyama testified, "The number of burials per day was at most 200.”


(Part5) Rabe also wrote in his diary dated on Feb 15, "Until now, 200 bodies were buried a day. (The Good Man of Nanking P197) The company was capable of burying an average of 180 a day. About 5,000 were buried in end of February. In March, burials per day increased in number because the Japanese gave extra charge each corpse to workers and 5 trucks, so the number of burials per day increased by from 600 to 800.
(Part6)The same number could be found in the report dated on March 4, addressed to the Foreign Office in Germany by Georg Rosen. At this time, however, a serious issue happened. Having padding the number of buried corpses in order to gain more wages, the Red Swastika Society reported on their activities. As of the end of February, 5,000 were reported, and on March 15, the figure mounted to 31,791.


(Part7)It was calculated that they had buried 26,000 in fifteen days. In other words, 1,700 a day had to be disposed. Japanese soldiers knew the Chinese were lying. However, the Japanese paid money to them because they didn’t want to have any troubles. What was the actual figure of burials? The total number would be from 10,400 to 12,400.


(Part8)This figure could almost coincide with that appeared in The Nanking City government general condition (edited by the Nanking Secret Service) which read that 9,364 were buried in the period of from January 1938 to April. Based on the facts stated so far, the actual burials made by the Red Swastika Society were around 10,000, so that the identify of corpses could be assumed to be the war dead of the Chinese Army.


(Part9)The Battle of Nanking, p.351. Battle of Nanking Editorial Committee estimates that Chinese soldiers were killed in action with 12,366 from December 4 to 12 evening, based on the Nanking Garrison Battle Report. Chinese government presented the Burial records of 150,000 corpses by the Advance Benevolence Society and the Red Swastika Society to the Tokyo Trial. So, can you believe the reports? Where were 300,000 of Chinese civilians’ dead bodies? The Nanking Massacre really occurred?


秋が終わった1937年12月13日から1938年2月までの6週間、日本軍は南京を占領した。この時に30万にも及ぶ中国人を殺害したと非難している、いわゆる南京大虐殺と呼ばれるものだ。ではその30万もの死体はどこにあるのか? 資料をよく見てみよう。
 犠牲者30万人以上とする、戦後の中国側調査は、次の2つの証拠群がある。


1 慈善団体である崇善堂と紅卍字会が計15万体の死体埋葬
2 19万人殺人を証言する中国側11件の証言


ここでは15万人が埋葬されたとする1番に話を集中したい。


そもそも崇善堂の活動内容は「施料(衣料給与)・救恤(寡婦の救済)・哺嬰(保育)」であり「埋葬」は含まれていなかった。しかも市来義道編『南京』(1941年、南京日本商工会議所発行)によれば、崇善堂は南京陥落の1937年12月から翌年8月まで活動を停止していた。崇善堂が当時、埋葬作業に従事したとする証拠は存在しないのだ。そもそも崇善堂の埋葬表は、事件から9年経った後の1946年に作成されたものであって、1938年当時作成されたものではなかった。中国政府はなぜ崇善堂の活動報告を証拠として出したのだろうか? 嘘をついてでも何とかしたい気持ちから提出したとしか思えない。では、紅卍字会の記録はどうか。
東京裁判には、紅卍字会が「約42,000体」を埋葬したという記録がある。しかしこの資料は非常に疑わしい。日本人の一人、丸山氏は一日の処理数は多くても200体だと述べている。ラーベも2月15日の日記に「今まで毎日200体が埋葬された」と記録している。(「The Good Man of Nanking」197ページ) 一日の埋葬数は200体が限度であった。2月の終わりの資料には5000体が埋葬された。3月に入り、5台のトラックを与え、1体につき賃上げすると、一日600から800体になった。
この数字は、南京ドイツ大使館のローゼン書記官が3月4日付で本国外務省に宛てた「紅卍字会が1日当たり500体から600体を埋葬している」という報告とも一致する。ところが、ここで大きな問題が起こった。紅卍字会は、賃金を多くもらいたいばかりに埋葬数を水増し報告してきたのである。2月末の報告書が5,000体で、3月15日には31,791体になった。15日間で26,000の遺体を埋葬したことになる。
15日間で26000体の埋葬、1日当たり1,700くらいは処理しないといけないことになる。日本軍は中国人達が嘘をついていることを知っていたが、トラブルを招くことを考えその賃金を支払った。では、実際の埋葬数はどのくらいか。おおそ10,400体から12,400体なのである。この数字は、1938年1月から4月までに《9,364体》埋葬したという『南京市政概況』(南京特務機関調製)の数字とほぼ一致する。以上のことから、紅卍字会の埋葬数は10,000体前後であり、その素性はほとんどが中国軍の戦死者だと推測できる。
中国から出ている『南京戦』という本の351ページには、日本と戦闘があった少し前の、12月4日から12日までの間の、中国人兵士死傷者は約12,366人と記載され、その数字と埋葬数はほぼ当てはまるのである。東京裁判で中国政府は、崇善堂と紅卍字会による計15万体の死体埋葬を提出した。これを信じることができるか? 30万もの中国人の死体はどこにあるのか?南京大虐殺は本当に起きたのだろうか?





Here is the burial record presented to the IMTFE (International Military Tribunal for the Far East) by the Red Swastika Society. The statistics show where the corpses were found and buried. Only about 2,800 corpses are found inside Nanking castle (walled city of Nanking), and the rest are recovered outside, which were almost 40,000. There are few corpses of women and children. Where were 300,000 of dead bodies?


ここに、中国の紅卍字会という慈善団体が埋葬した、死体の数についての資料がある。これは中国政府から公式に東京裁判に提出されたものだ。これによると、数だけでなくどこで死体が見つかり、どこに埋められたかが解る。2800体が南京城内でみつかり、(城というのは南京市は周りを高い城壁で取り囲んでいるからである。)城外で約4万の死体が見つかっており、これらには女性と子供の死体は皆無だったと記されている。





■(Part1)One picture shows Japanese troops created the nameless war dead of Chinese soldiers’ resting place in China during the war. In contrast, according to Chinese reports, Chinese authorities did not any attention to dead or wounded soldiers. Before the Japanese Army entered Nanking, there had been many corpses in the city. German correspondent Lily Abegg wrote an account entitled Escape from Nanking.「Our Last Days in China's Capital, as to the aspect on Nov 29, 1937:


(Part2)”Wherever we went, we could see that order was given way to chaos. A train carrying 2,000 wounded soldiers arrived at Nanking Station, but no one paid it any heed. There were no medical soldiers. The wounded soldiers were left there for two days, and during the time, dragged out of the train with corpses. The corpses emitted a horrible stench, polluting the air.” They have appealed these stories must have been committed by the Japanese.


 中国で写された一枚の写真には、日本軍が戦闘で死んだ中国兵無名兵士の墓を作り、弔っているものがある。その反面、いくつかの書類によると、中国政府は自分たちの兵士の遺体や傷病者などには一切の目もくれていないことが解る。日本軍が南京市に入城する前には、もうすでに市内には多くの死体であふれかえっていた。そう語るのはドイツ人記者であるリリーアベックだ。彼女が南京を脱出する前のことを書いた本「南京からの脱出」、1937年11月29日での出来事だ。
「もはやどこに行っても、規律の解体と無秩序が支配していた。南京駅に二千人の負傷者を乗せた汽車が到着したが、誰も見向きもしなかった。看護兵も付き添っていなかった。負傷兵たちは二日間も放置された後、その二日間に死んだ者と一緒に降ろされ、駅のホームに並べられた。死骸が空気を汚染し悪臭を放った」南京大虐殺とは中国軍でのこのような悲劇も全部日本軍のせいにしているのである。






posted by xxx at 15:24 | TrackBack(0) | 英語で反論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261386286
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。