2012年03月25日

ベクターがソフトバンクグループだったということに驚いた






ベクターがソフトバンクグループだったということに驚いた




日本の厚生労働省全体の統合ネットワーク構築の事業をソフトバンクテレコムが落札。

ソフトバンクテレコムはデータセンターを韓国本土へ移し、データ流出で悪名高い韓国KT社と合弁会社を作りました。
しかも仕事は実質韓国KT社に丸投げ状態。

厚生労働省が扱うデーターとしては、住民基本台帳はじめ年金や健康保険や
ハローワークの雇用情報や加えて郵貯・簡保の取引履歴や残高などなど

日本の日本人の個人情報がこれからは韓国内でデーター管理されます。




無茶苦茶すぎて吐きそうになってきた




だいたいそこ流出というより確信犯的に流出させた感じだったもんな



どうも官僚の中にも帰化人が相当数いるようだな
別に帰化人が官僚になっても良いのだが
機密保持のためにはスパイ防止法が必要だな
丸腰で帰化人に官僚に成られるのは危険過ぎる

【関連する記事】
posted by xxx at 16:11 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261392685
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。