2012年03月28日

中国人社員が営業秘密の機械設計図を不正コピーし逮捕される…産業スパイの疑いも

大手工作機械製造会社「ヤマザキマザック」(本社・愛知県大口町)が管理する
設計図のデータファイルを不正に複製したとして、愛知県警は27日、
中国籍の同社社員唐博容疑者(31)(同町)を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)容疑で逮捕した。

 県警は、唐容疑者が産業スパイ行為を働こうとした可能性があるとみて調べる。
複製されたデータは軍事転用も可能だといい、流出の有無についても捜査している。

 発表によると、唐容疑者は今月9日頃、会社に貸与されたパソコンから同社のサーバーに接続し、
営業秘密扱いとなっている工作機械設計図のデータファイル二つを、自分のハードディスクにコピーした疑い。
唐容疑者は「コピーした記憶はない」と否認しているという。

ソース 2012年3月28日10時51分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120328-OYT1T00269.htm?from=main6






グローバルとか抜かす企業に限ってこういうリスクに全く無関心w



留学生禁止しろよ

中国共産党に反日洗脳されまくってから来てるんだろ




日本のグローバル化ってお花畑って意味だろ?





日本企業って今シナ人大学生の新規採用に必死になってるよね
やる気があってとても優秀だというふれこみでwwww






ほら見ろ言わんこっちゃない



このニュース見てるんだろ
オークマ、森精機は二の轍踏むんじゃねぇぞ




現代重工業 鄭周永会長の”技術盗み”奮戦記。

”芸者”とまで呼ばれた接待の達人の鄭会長。親しかった日本のK造船会長に真心をつくし、
遂にその接待術にK造船会長に「何か手伝えることはないか」と申し出させたのである。
この時鄭会長のした頼みは「2人だけ研修生をK造船で1年間だけ引き受けてくれないか」というものだった。
K造船会長は気経にこの頼みを聞き入れた。鄭会長の下心は確かに見え透いていたが、
巨大な造船業の実体をただ2人の研修生だけで1年以内に把握するということは不可能だという判断であった。
このようにして現代造船の若い二人の職員が、日本のK造船で研修を行ったのである。これらに下された'特命'は簡単だった。
「なんでも役立つに値するものはすべて持って来い」だった。この時から二人の職員は綿が水を吸いこむように次から次に記録を集めた。

不法も厭わなかった。

当時の日本は一月に一度わが国が行っている民防訓練のように、地震の避難訓練を行っておりサイレンが鳴れば全ての職員は待避所に避難しなければならなかった。
このとき現代造船の若き研修生2人はトイレに隠れて誰もいなくなると、K造船が見せてくれなかった設計図を密かに取り出してコピーした。
退勤時にはモンキスパナも一本こっそりと懐に入れて持って帰った。なぜなら造船所で使うボルトを締めるモンキスパナは一般のものとは違うからだ。
こうして集めた資料をひっきりなしに国内に送った。「このとき持っていったものはコンテナ2台一杯になった」と創業の功臣は伝える。
こんな過程を経て今日、現代重工業は日本の有名な造船所を追い抜き世界一の座に上ることが出来たのだ。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179734057/

【関連する記事】
posted by xxx at 11:33 | TrackBack(0) | 日本国民の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261392717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。