2012年03月29日

"放射性物質に対する管理体制を強化していく" 韓国政府、日本産輸入食品に対するセシウム基準を強化

韓国食品医薬品安全庁と韓国農林水産食品省は29日、日本からの輸入品に対し、
放射性セシウムの基準を現行の1キログラムあたり370ベクレルから100ベクレルに引き下げると発表した。複数の韓国メディアが報じた。

新基準値は4月から適用される。「一般食品」のほかにも、日本から輸入した「牛乳」や「乳製品」は50ベクレル、「飲料水」は10ベクレルとそれぞれ強化した。

今回の措置は、日本政府が4月から導入する食品に放射性セシウムの新基準(1キログラムあたり100ベクレル)に合わせたもの。
4月1日以降に日本から輸入した食品が対象となる。

両省庁は、日本のような原発事故がほかの国で発生した場合に備え、放射性物質に対する管理体制を強化していく方針という。(編集担当:新川悠)

サーチナ 【社会ニュース】 2012/03/29(木) 17:40
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0329&f=national_0329_142.shtml




明らかに他人の不幸を喜んでるよね?



これは墓穴かもw



自国の食品も通りませんというオチ





韓国からの輸入品に対して、糞食文化反映度チェックしてくれ



この点だけは見習うべき

そして、外交条件は相互主義だよな?
売国奴でなければな。





売国奴でなければな。

【関連する記事】
posted by xxx at 18:34 | TrackBack(0) | 韓国・朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261392756
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。