2012年03月30日

露の盗聴、米大使も不信感 「誰が私のスケジュール渡しているのか」

露の盗聴、米大使も不信感 「誰が私のスケジュール渡しているのか」

2012.3.30 18:36

 ロシアで反政権派の政治家や外交官に対する盗撮・盗聴が横行している問題に絡み、米国のマクフォール駐露大使は30日までに、自身の非公開の訪問先で必ず政府系テレビ局NTVの関係者が待ち構えていることをツイッターで明らかにした。大使は「誰が私のスケジュールを渡しているのか」「彼らに私の電子メールを読んだり、電話を盗聴する権利があるのか」と、特務機関が介在している可能性も示唆して不信感を表明した。


NTVは先に、駐露日本公使と人権活動家の面会を盗撮した映像を放送している。


(モスクワ 遠藤良介)


http://sankei.jp.msn.com/world/news/120330/erp12033018360003-n1.htm







駐露日本公使と人権活動家

駐露日本公使と人権活動家

駐露日本公使と人権活動家

【関連する記事】
posted by xxx at 20:30 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261392776
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。