2012年03月30日

韓国の発電所が謎の崩壊、従業員10名の安否が不明

27日の午前10時45分、忠南(チュンナム)保寧(ポリョン)火力発電所で構造物が崩壊し、作業をしていた作業員が埋まった。

この日の事故は、保寧火力5号機の電気工事の過程で構造物が崩れ落ちながら発生した。

建設作業員4人は自力で脱出し、4〜6人は緊急出動した救助隊と職員らによって救助された。

警察の関係者は、「12人の作業員らが事故に遭ったと推定され、現在2人は救助中」とし、「幸いに死亡者はなく救助に最善を尽くしている」と話した。

ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=032&aid=0002204815

【韓国】「保寧火力発電所火災」〜停電の心配はなし[03/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1331863129/l50



韓国は手抜き工事が多いな。

日本は手抜き管理が多いけど


おいおい、手抜きに関しては韓国人の右に出る者はいないよ
何をするのも手抜きがデフォのケンチャナヨ!
管理に関しては日本の手抜き管理なんて厳重管理かと思えるほどの杜撰っぷり

その手抜きゆえの無駄に長い労働時間についてブーブー騒ぐのが韓国人のアホ臭さなんだよね




爆発は?
ねぇ爆発は?



 爆発?

 これは韓国だぞ。

 韓国名物は崩壊であって、決して爆発ではないニダ。

 爆発は宗主国に任せてあるニダ。




気にするな火力発電所ならいいじゃないか



原発も地震抜きで今にも爆発しそうだけどねw
偏西風で土人半島より西日本のほうが危ないと思うw




こんな電力事情の国を賞賛するやつがいるらしい




韓国の原発は日本海側に多いから何か放出されたらモロに日本が被害を受ける


 
韓国の原発は日本海側に多いから何か放出されたらモロに日本が被害を受ける

韓国の原発の放射性物質で騒ぐのは原住日本人だけ。
在日は日本が汚染されれば大喜び。
半島に帰ればいいだけだからな。
みてな、山本太郎も孫も 全然韓国非難しないから。




>電気工事の過程で構造物が崩れ落ち

まさかとは思うが、電気工事前の準備運動でエアロビをしたんじゃ・
・・


10時だから準備体操はちょっとねw

配線の穴でもあけててとかかな




マグニチュードいくつくらい? 地震が起きたとかニュース出てないんだが。


構造上の欠陥が有ったとしか思えない・・・・・・タービン建屋とかは外国設計だろうな?


ちなみに3月15日の火災で停止しているのが、ここの1・2号機。


送電線の次は発電所ですか…
てことは次は変電所?


死者が無くて良かったじゃないか。
しかしこういう事故を繰り返していると、そのうち洒落にならない事故がやってくるぞ。
関係者は気合を入れなおせよ。




(V)。 。(V)
.ミ( ∀ )ミ <ぞくほー

保寧火力5号機ボイラーへ13人転落、救助中 【聯合ニュース 朝鮮日報】
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/03/27/2012032701092.html

http://image.chosun.com/sitedata/image/201203/27/2012032700994_0.jpg

 27日午前10時51分頃、忠南(チュンナム)保寧市(ポリョンシ)鰲川面(オチョンミョン)烏浦里(オポリ)にある韓国中部発電保寧(ポリョン)火力発電所で、5号機のボイラー内部を修理中だった作業員13人が、足場が崩壊したために10mほど下へ転落した。

〜〜続きはwktkで





崩れたのは足場でしたかw
それでも10m下のボイラーの底に落ちたら、下手すりゃ命に関わるよなぁ・・・



原文だと構造物なんですが、文脈から見て足場ですね。




同発電所で立て続けに事故が?
作業者総ケンチャナヨ状態だったのか




韓国の工事現場の労災発生率は、日本とは比較にならないくらい高いのです。


「安全第一」「危険予測」「作業のマニュアル化」が軽視されてるんでしょうね
利益最優先主義にしても、現場の作業環境が劣悪だと品質も疑問視されると思うんですが…


×手抜き工事

○建築技術が無い

【関連する記事】
posted by xxx at 23:37 | TrackBack(0) | 韓国・朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261392788
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。